座卓,四畳半,4畳半,三方留,漆,欅,ケヤキ,タタミコーナー,リビング
  • Comments:0

松江K様邸「欅三方留座卓」

和室。常に使う部屋というわけではないので、最近の住宅から減少傾向にあるようですが、
畳の快適さと多用途に使える合理性を評価して、かつての6畳・8畳の和室ではなく、4畳半程度のオープンな「畳の間」を計画する方も少なからず見受けられます。
島根県松江市のK様もそんなご一家。新居の和室に置くための「欅三方留座卓」をご注文いただきました。
イマドキの住宅事情を念頭に、ベタな和デザインではなく、「空間に凛とした空気を残しつつもスマートであること」に気を配りながら、かつてデザインしたものです。
ネット経由でデザインに共感いただき、新居完成に伴い、先日納品いたしました。送っていただいた写真からは、K様のこだわりと、新築されたお家を楽しまれているご様子が伝わってきます。
この座卓が、これからのご家族の歴史の中で、度々訪れるであろうハレの日に同席できることを誇りに思います。
座卓,四畳半,4畳半,三方留,漆,欅,ケヤキ,タタミコーナー,リビング

座卓,四畳半,4畳半,三方留,漆,欅,ケヤキ,タタミコーナー,リビング

▷欅三方留座卓詳細