NEC_0073-270x270

しくみ

◉通常、家具は作られてから
お客様に対し一方通行に流れて行きます。
そもそもオーダーメイドでない限り
ご要望は叶わないのが普通です。

流れ

◉dub-tailは、たとえオーダーメイド
ではなくとも、職人(私)が直接お客様と
やりとりして製作することで、
お客様の細かいニーズを的確に反映し、
作り手の顔が見える家具を納めることができます。

流通2

土場

▷メリット

dub-tail コスト的メリット

材 料
当所は、個人では持ち得ない量の材料を所有しています。また必要な部品(蝶番や金物の取っ手など)もストックがあります。

設 備
工場には個人規模では導入できない数の木工機械が多数あります。作業効率のアップはそのままコストダウンに直結します。ただし機械では無理な最終仕上げの部分には手仕事が必要です。

塗 装
当所には塗装施設、職人も内在します。外注することなく漆/オイル/ウレタン塗装が可能です。


いわばメーカーと工房の長所いいとこ取り

NEC_0034-270x270

▷注文フロー

サイトをご覧いただきご興味がございましたら、
メールかお電話でお問い合わせ下さい。
図面、価格、納期、お支払い等ご納得いくまで
やりとりさせていただきます。
発注から納品まで概ね2〜3ヶ月いただいております。

                

▷コンタクトページへ

くつろぎソファ サクラ GE-2903 ウェグナー

▷シートオーダー

ソファ、チェアのシート、クッションは
ご自由にお選びいただけます。

シートセレクト

▷more info

ダイニングチェア サクラ 桜 さくら オイルフィニッシュ

▷名前の由来

レゲエミュージックにおいて曲の一部分を強調したり効果を加えることにより全く新しい曲を作り上げる手法であるdubと、ほぞの先端を広げることにより抜けにくくする木工の高級な仕口dovetail joint(鳩のしっぽの意、日本では蟻組み)の造語。ウィンザー、シェーカー、デニッシュ、ミッドセンチュリー、和指物等これまでに影響を受けたデザインの要素を再構築した自分自身のスタイルを飛騨高山、福岡、静岡で学んで来た技術で作り上げていきたいという考えで名付けました。

松本巧 プロフィール ダブテイル dub-tail

▷経 歴

松本 巧 Takumi Matsumoto

静岡県島田市在住

1989 広告代理店入社 傍ら全国の山を脚で登り、川をカヤックで下る
1999 岐阜県立高山高等技能専門校(現 木工芸術スクール)卒業
1999 飛騨高山市内の企業内工房入社
2000 工房主任   治具製作、曲げ木、木工旋盤などの椅子加工技術を学ぶ
2002 福岡の創作工房に工房長として入社
               漆、CAD、キャビネット製作技術を学ぶ

2005 静岡の森下木工所入社   指物技術を学ぶ
2008 朝日新聞社主催 第6回暮らしの中の木の椅子展 優秀賞受賞

   「蔵の中の椅子展」出展
2010     dub-tail発足
2011~2015       静岡伝統産業工芸展各入賞
2013       good furniture コンテスト2013 入賞
2014       第54回日本クラフト展入選
2015  「日本のクラフト in IWATA」参加
2016  映画「フローレンスは眠る」に「低座椅子」提供
2017  静岡伝統産業工芸展入賞
             横浜「伊勢山皇大神宮」神楽殿・参集殿 調度品デザイン、製作