1484733_580611592017783_387497033_n
  • Comments:0

第40回伝統産業工芸展

公私共々最近のテーマの一つが「肩肘張らない、和の意匠の再構築」。
海外に打って出る時のような極端でステレオタイプなJapan designではなく、生活環境の変化により、日常接することが少なくなった日本人に向けた日本の意匠の再確認作業。
この度、コンクールに出品したこのスツールも、抹茶を入れるための容器、棗(なつめ)をイメージして製作しました。和のデザイン、手法を用いつつも、期待通り「なんじゃこれ?」って感じに仕上がりました。